トップ>>ユニオン春季セミナー「ブラック企業と働き方改革」のお知らせ

【入場無料】ユニオン春季セミナー「ブラック企業と働き方改革」開催

■「働き方改革ホントに大丈夫?」

国会に提出されている、「働き方改革関連法案」は、残業時間の上限規制などの規制強化と「高度プロフェッショナル制度」の創設といった規制緩和が抱き合わせになっています。「高度プロフェッショナル制度」は、労働基準法の労働時間規制が及ばない制度であり、働いた時間に対し賃金を支払う、という労働時間法制の原則を崩すものです。

今のところ一部の専門業務に携わる高収入の労働者が対象となっているものの、ひとたび導入されればあっという間に年収要件は下がり、対象業務が拡大するかもしれません。高度プロフェッショナル制度は大変危険な制度です。

「ブラック企業」「ブラックバイト」が社会問題となって久しいですが、未だに労災認定基準を大幅に上回る長時間労働や、不払い残業についての相談は後が絶ちません。そこで今回は、NPO法人POSSEの、青木耕太郎さんをお招きして、青木さんが対峙してきた「ブラック企業の実態」と、「働き方改革法案の問題点」を解き明かしていただきます。また、当組合の組合員による、「不払い残業代請求交渉」の報告も行う予定です。

■講演内容

第1部 講演 「私が対峙したブラック企業~その実態と原因~」
講師 青木耕太郎氏 (NPO法人POSSE,総合サポートユニオン共同代表)
青木耕太郎氏の画像
プロフィール
1989年千葉県生まれ。総合サポートユニオン共同代表。2009年から学生ボランティアとしてNPO法人POSSEで活動。3.11以降は、宮城県仙台市にて被災者支援・就労支援に取り組む。2014年にPOSSEのメンバーらと総合サポートユニオンを結成する。結成後は、「たかの友梨」との争議や、ブラックバイト支部の「しゃぶしゃぶ温野菜」との争議を担当。また、東京大学大学院博士課程に在籍し労使関係論を研究。共著に「断絶の都市センダイ」(14年、朝日新聞出版)」
第2部 「ユニオン組合員の実態から見る働き方改革」
組合員による事例報告と、青木さんの解説を行います。

■開催日時詳細

  • 開催日:2018年5月27日(日)
  • 時間:13:30~16:15 ※13:00より受付開始。
  • 会場:天神チクモクビル 4階大ホール
  • 住所:福岡県福岡市中央区天神3-10-27
  • 会場電話番号:092-715-3250
  • ※どなたでもご参加いただけます(事前に主催者までご連絡ください。)

■お問い合わせ

主催:連合福岡ユニオン

電話番号:092-273-2114

FAX:092-273-2160

メール:fukuuni@hyper.ocn.ne.jp

>>チラシをこちらからダウンロードできます。